トロと休日 「心ノ種」
トロと休日 「心ノ種」
千曲川  五木 ひろし    心影   [台灣許仙唱]
千曲川 五木 ひろし 心影 [台灣許仙唱]
君の瞳をタイホする! / You were mine
君の瞳をタイホする! / You were mine
FC わかば VS FC NIKE(前半)
FC わかば VS FC NIKE(前半)
北原ミレイ ..ざんげの値打ちもない  ...
北原ミレイ ..ざんげの値打ちもない ..."上村一夫の劇画の世界"
The Dachshund Song
The Dachshund Song
First Drive: 2009 Acura TL
First Drive: 2009 Acura TL
H4H&BOTS 3
H4H&BOTS 3
錦織圭が超絶テニスボール・リフティング披露(元サッカー少年)[N23]
錦織圭が超絶テニスボール・リフティング披露(元サッカー少年)[N23]




新インナーゲーム―心で勝つ!集中の科学
この本の主題ではないと思われるが、競争を相手と争うことではなく、競争相手に障害を提供することで、相手に成長と喜びを提供する行為と捉えていたのは、新鮮であった。
こういった意識は、自らがやるべきことに集中するためにも有益と思われた。
少し飛躍するが、社会的な競争に敗れた貧困者に対してもやさしくなれる?

 

TRIUMPHANT RETURN~Redsta iz back~(初回生産限定盤)(DVD付)
いいアルバムでしたよ。全体的にメッセージも伝わって来たし、勢いもあったし。ラストの般若との曲がカッコ良かった。ラッパーの般若最高。って思った。

 

ぽかぽかばんぱいあ (チャンピオンREDコミックス)
悪い点もなければ、良い点も無い、という印象です。
4コマとしての面白さは標準だと思いますが、コマの大きさが一定でない箇所があって見づらい部分もあります。
本の大きさが違うので一概に比較するのは乱暴ですが、きらら系の4コマ単行本は中身が薄くても、キャラクタの絵柄が可愛かったりするので引き込まれ、一気に読めてしまいますが、本作は4コマの出来が良いために内容が濃くなっているくせに、キャラクターの絵的な可愛さが不十分(ときどきイラっと来る)なため、最初から最後まで通しで読むことに苦痛を感じるタイプです。

標準以上でもなければ、標準以下でもないって感じです。
ただ、数日かければちゃんと最後まで楽しめるのと、ツボに入るネタがあったので、広い世代を意識しているのかなという印象です。

 

5年モノ (通常盤)
福山雅治さんさいこうですょ!!!

5年間のシングルが入ってまふねん☆

 

「西部警察」・男たちの詩
「西部警察」と言えば、小暮捜査課長の愛車「ガゼールのオープンカー」に、団長の「マシンX」がかっこよかったですね。あと、行きつけの「コーナーラウンジ」でのシーンもたまりません。カーチェイスのシーンは、かならずTAXI上がりのセドリックがほとんどでしたが、その迫力は子供ながらに覚えています。また、エンディングの「夜明けの街

♪は最高でしたね。」あれだけのダイナミックな番組が復活するのを期待しています。


 

大麦若葉おいしい青汁 (シェーカー付) 3g*88包
皆さんがいう通り非常に飲みやすく、
毎朝牛乳に混ぜて飲むのが日課になっています。
普段はのまなかったですが、そんな牛乳も毎朝飲むようになり、
ある意味での相乗効果になっています。

 

ベスト・オブ・ベスト/日本の名歌
瀧廉太郎作曲の「荒城の月」「花」「箱根八里」、山田耕筰作曲の「この道」「からたちの花」など日本の古典的歌曲を始め、珠玉の作品を集めたと言える歌曲集です。この4枚組に収められた115曲は、後世に歌い継いで欲しい曲が沢山含まれていました。懐かしの小学唱歌や童謡も多く含まれていますので、幅広い年代に愛される企画だと思いました。

収録されている声楽家も素晴らしいメンバーでした。立川清登、伊藤京子、中沢桂、松本美和子、澤畑恵美、中村邦子、木村宏子、中村健、永田峰雄、斎藤昌子、吉田浩之、本宮寛子、そして関西を中心に活躍しながら、今や全国的な活動を広げている三原剛、畑儀文、そして日本の声楽界における重鎮・畑中良輔の「沙羅」の名唱を聞くことができます。ここに収録された何人かの声楽家の声を聴きましたが、CDとして聞くとそれぞれの発声法における個性の違いが結構分かり、新たな発見がありました。

録音年代が書かれていません。結構幅広い年代にまたがっているとは思いますが、聴感上の支障はなかったですね。ピアノ伴奏は、声楽、合唱伴奏に多くの録音を残している三浦洋一、浅井道子によるものが大半ですが、他に青島広志、塚田佳男、藤井孝子という名も見えますので、安定した音楽が展開されています。

これらの録音の貴重さは、何人かの方がすでに鬼籍に入られていることから日本の声楽家の歩みという点から見ても歴史的な価値を見出します。

全曲とも解説が書かれていますし、小山晃氏による声楽家の紹介も詳しいものでした。ただ出来れば伴奏のピアニストの紹介があっても良かったかな、と愛好家の一人として思います。

 

トロとお休み
「トロと休日」CMで聴いて耳について離れなくて買った口ですが、気持ちがすさんでいる時に聴くと良い曲だと思います。
鈴木 朋さんの歌声が優しいです。「最近頑張りすぎじゃない?」「そんなに片意地張らなくていいんだよ」と囁いているような気がしてゆったり出来ます。

忙しくて「トロと休日」する暇がない方でも、この曲を聴いてちょっとほっこりしてみてはいかがでしょう?


 

戦闘妖精雪風 OPERATION 3 [DVD]
雪風はOVAから入り原作を読みました。

ナンダカンダとボロボロに言われている作品ですが、両方共最高な作品ですね。
確かに原作を全5巻でまとめるのは「そげな~、無理だって!!」と誰もが思っていると思うし、原作者の神林先生だって十分承知の上でOVAにしたのではないでしょうか。

原作派の方は原作が余りにも素晴らしい為「雪風は絶対こうでなくちゃ駄目!」という固定観念が強いのでは?人は完璧さを求めれば求める程、固定観念が強くなるのでは?神林先生も「原作にあまりこだわらずに映像版を観てほしいですね。原作と映像化された作品は別ですから、映像は映像として楽しんだらいかがでしょうか」とおしゃっていますしね。楽しみましょうよ!「これもアリか!」って!

余談ですが、雪風を知らない後輩に二人にOVAを観せた所、「凄い作品!先輩、メチャメチャ面白い!」と大絶賛でした。その後、一人は原作を買い「原作もOVAも面白い!」とハマりまくりです。
何も知らず、固定観念も無い二人がハマったのですから、雪風の魅力は凄いですね。続きが楽しみですね。


 

作ってあげたい!小型犬のためのおしゃれな手編み―Miniature dachshund chihuahua toy poodle (私のカントリー別冊)
小型犬によく似合うデザインのニットがたくさん
収録されています。
本のタイトル通り作ってあげたいと思うものばかりです。

初めての人でもわかりやすいように
写真つきで編み方の説明があります。
「1日で編める」「1日半で編める」など大体の時間目安もあるので
とっつきやすいと思います