SPEEDKING Vol.1
バブルの時代はブラウン管、スクリーンを通じてのみしか知らないですが
とても、躍動的というか、現代の日本にない音楽の勢いを感じました。

BUBBLE-Bさんのことはオモシロ映像で以前から知ってましたが・・
ここまで本格的な音楽を作られているとは知らなかったです。ぶっちゃけ買いです。

Perfumeといい、このSPEEDKINGといい、深みのある
ちょっと古い感じのJ-POPが、最近の流行なんですかね。

 

ゾイド オリジナルサウンドトラック プラス
まず音楽が良いです。 アニメの中で使われたBGMがたくさん入っていて 聞きごたえがあると思います。 なにより、パソコンでゾイドたちのCGが 見られるというのが嬉しかったです。 買って損はないと思います!

 

Your song
「YOU&I」を聴けば、あなたの青春が蘇ります。人と人の出逢いがいかに大切なものか・・・。スローテンポな曲ながら、3人の歌唱力は少女のレベルを遥かに超えています。

 

ZOIDS ゾイド 14 [DVD]
ゾイドイヴの存在も明らかになり、いよいよクライマックス!
・・・ところが展開が早くて戸惑う部分もあり、もう少し話を伸ばして欲しかったです。
しかし、その分最終話は色々詰まっていて、内容がとても迫力のあるものになっています!
終始鳥肌が治まらず、エンディングが流れたときは泣きそうになりました。

この年代のアニメでは最高のクオリティを誇る作品でしょう。

 

ZOIDS ゾイド 01 [DVD]
勇者シリーズ、平成ウルトラマンシリーズの放送終了後に開始した土曜6時枠アニメ。現在(2005年)でのガンダムの時間帯に、約一年半かけて放送された番組の第一巻。

主に仲間キャラの登場で終了している感は否めないものの、重量感とスピードを両立した動き、無知の少年である主人公が広い世界に進むという冒険感、なぞの提示、普遍的正義など、少年向けアニメとしての要素がバランスよく表されています。この巻だけに着目すれば、ど素人である主人公が、後に最強のパイロットになるという成長性の明示にも大きく貢献していることが伺えます。若干長い話ですが、とっつきやすく、概して肩の力を抜いて楽しめるストーリーです。


 

ZOIDS ゾイド 10 [DVD]
「相棒」として、ジークと心の通い合うバン。
オーガノイドが一番嫌いだという、レイヴン、そして寄り添うシャドー。
古代ゾイド人と対として生きていたという、オーガノイドとは一体。
ゾイドには、物語の中で生きるキャラクターたちにも血肉があると思うが、
精神的な攻撃を得意とするリーゼが登場したのでその見せたくない、
見られたくない面が画面に映し出される。
けっして、甘いだけの話では、ゾイドはないのであると思う。

 

ZOIDS ジェノブレイカー(1/72スケールプラスチックキット)
出るね!個人的に、一番好きな機体だからマジで期待する! 前回のジェノザウラーも、全体的にシャープで、細かい部分まで再現されてて、マジで気に入ってる! やっとジェノブレイカー出たか!って感じ! マジで楽しみ

 

ZOIDS シールドライガーMk.II (1/72スケールプラスチックモデル) 2007年秋プラモデル・ラジコンショー限定
セイバーSSを出すならコレのレオマスVer.も欲しいかなぁ。実際カードでもライバルみたいな感じだったし…(そう思ったのオレだけ!?)

 

ZOIDS STRUGGLE
ゾイドをモチーフとした対戦格闘ゲーム。
・レバーニュートラルで近接ガード、ステップで射撃ガード
・追加武装は設定した順にしか使えない
など、かなり独特のシステムを採用しているため操作に慣れるまで割と大変なのが欠点か。
あと、武装のカスタマイズが売りであるにもかかわらず、武器の値段が高すぎて全部そろえるだけで数十時間はかかると言うのは流石に問題がありすぎな気が。
とは言え、狭すぎず広すぎずなサイズのフィールドで、射撃は飾りだと言わんばかりに殴りあうってコンセプトは良い感じだと思うんで、星は4/3で。

 

ZOIDS2 ~ヘリック共和国VSガイロス帝国~
前作よりもシステムがスムーズになり、スキル上げもとても楽になりましたし、いろいろな特殊能力を加えていけば、かなり楽に進めました。

しかし、新登場ユニットが思いのほか少ないし、アニメで活躍したレブラプターやストームソーダーなどといった新世代機が登場していないし、ブレードライガーにしてもジェノブレイカーにしても、アニメのような大活躍はハッキリ言って期待できないほど弱いです。強かったのはゼロ(それもアニメには出ないイクス)とフューラー(同じくアニメに出ないシュトゥルム)の二機くらいではないでしょうか。

結局、頼りになるのはゴジュラスやウルトラなどといった機体だったし、前作のようにゾイドを捕獲する醍醐味が無くなってしまいました。

そして、こういったものを出すのであれば、『ZOIDS黙示録』といった大陸間戦争時代を基にしたゲームも出して欲しかった。

 

MSR(マウンテンセイフティリサーチ) マイクロゾイド 37089
エスパースソロをずっと使っているのですが、野口五郎のテント場でこのMSRのマイクロゾイドを使っているオーストラリア人がいて、「へー、カッコいいテントだなー」と思って購入しました。
1シーズン使ってみての感想ですが、軽さはやっぱりすごいです。
あと、あちこち細かな工夫がしてあって(ベンチレーションとかポケットとか)、それも面白いです。慣れれば普通のドーム式テントと同じくらいの時間で設営できます。
ただ、難点が2つありました(ある程度予想はしていましたが・・)。
1つ目は、やっぱり高さが低いこと。私は比較的小柄なのですが、中で座ると頭がつかえてしまいます。横になることしかできないでので、中で炊事等の作業は不可能です。
2つ目ですが、テント部分がほぼ全面メッシュなので、風が強いときはテント内が砂ぼこりだらけになってしまいます。テント自体はとても風に強いので、その点は心配無いのですが・・・。
居住性はある程度犠牲にされているということで割り切って、身軽な縦走などに使うといいとおもいます。
雨への強さについては、幸運にも雨に遭わなかったので未確認です。前述した野口五郎のテント場では酷い夕立に遭ったのですが、マイクロゾイドのオーストラリア人は結構あわててました。叩きつけるような雨だと、中に入ってきてしまうかもしれません。
今年もあちこち持って行って、このテントのポテンシャルを確認していきたいと思ってます。

 

ゾイドジェネレイションズ (Dセレクション)
ゾイド自体が過去の遺物に頼りっぱなし(ゾイグラ)で新作は本家ではなくコトブキヤが
過去の名作ゾイドをリファインして出してるという、新作が欲しいという
ゾイダーにとってはお寒い冬が続く中、こういう雑誌の企画を
一冊にまとめて豪華本として出してくれたことは素直に喜びたい。
マーシーラビット氏の絵柄は萌え系なんだけどメカをしっかり描ける人で
丁重なゾイドのイラストの数々には感心させられたし、ラノベで活躍したゾイド達の
設定資料が凄く細かいのも良い。
肝心のラノベ部分がイマイチ面白みに欠けるのは連載時から言われていたことだけど、
加筆修正や追加ジオラマ写真が多数ある点で+の評価。
何よりゾイドの氷河期にあってこういう企画本が出ることが嬉しい。
電撃ホビーさんもっとこういうの出しませんか?
HJの連載記事もいつかまとまって一冊の本にして欲しいもの。

 

機獣新世紀ゾイド公式ファンブック (4) (ワンダーライフスペシャル)
ついにZOIDS公式ファンブック4が出た!ということで買ってみた。
表紙はゴジュラスギガがかっこいい。そでれ肝心の内容は、う~ん
なんともですね。バトルストーリーはどうやら前作がニクシー基地
・アンダー海海戦・レイフォース暗黒大陸上陸そして死闘だったのに
対して、今作はニクス大陸での共和国・帝国の戦闘とギュンター・

プロイツェン閣下の反乱、そしてネオセネバスの誕生までです。
どうも見た感じではまるで、前作の補充版に感じました。それに、
表紙にはゴジュラスギガの勇姿があるのにバトストにはまだ登場
していないので星4です。まあとりあえずファンブック5が出るの
かは疑問ですが、期待します。


 

ゾイド エンサイクロペディア -ゾイドアニメ10年の軌跡-(DVD付書籍) (SHO-PRO BOOKS)
TVで放送されたゾイドTVアニメシリーズの全て網羅したムック
若干厚めの本ですが全4作品が収録されています。、
シリーズをまとめた本はどうしても個々の作品の情報が少なくなりがちですが、
これは予告ポスター、ストーリー概要、キャラクター、登場ゾイド、重要キーワード、
各エピソード、DVDジャケットイラスト、そして製作スタッフが満遍なく紹介されています。
巻末にはアニメ制作に当たっての当時のスタッフの対談や設定画と情報量がとてつもなく多い。
ここまで情報量のおおいアニメムックは無いでしょう。
ゾイドアニメが好きなら是非買うべき本といえます。

付属のDVDはブレードライガー編
初代アニメの特別編集版でブレードライガーの活躍シーンが収録されています。
こちらは大した作りではなかったのが残念でした。
こちらは誌上限定で欲しい人だけが手に入れられる形でも良かったのではないでしょうか?

 


PSPでゾイド動かしてみた。


ゾイド 動画


人気動画


セック Jota Aragonesa(ホタ アラゴネーサ)
筋ジストロフィー ②/③森山風歩さん「自分らしく筋ジスと闘う27歳 壮絶半生の光と影」
スクールランブル OP TVアニメ 「スクールランブル」
ラ・セーヌの星 Intro Jap La Seine no hoshi
服部真澄 有田塾へのお誘い
岡本かの子 文學ト云フ事14「老妓抄」(岡本かの子)
林真理子 東京マリーゴールド (英語字幕つき)
筒井道隆 KIRIN 淡麗グリーンラベルCM ④
ウルトラマン Fighting Evolution ウルトラマン fighting evolution 0
クッキングパパ COOKING PAPA ED1

ゾイド 情報


LUNA SEA レビュー
ファーランドストーリー 評判
ラブ・アゲイン ランキング